からかわれている?

猫ちゃんの猫種名:雑種

年齢(月齢):数か月ごろ

名前:チロ

 家の近所で鳴いていた子猫のチロ。

我が家では今まで飼った猫は全て拾ってきた猫でしたが、

このチロもそうでした。

始めのころはなかなか懐かず、

私が近づくとピューッと遠くに逃げてしまっていました。

そんなチロなので、

あまり家の外には出さないように気を付けていたのですが、

家族が玄関のドアを開けると、それを狙っていたかのように

チロが外へ逃げてしまうことがよくありました。

近くに公園があったので、その草むらの中に逃げ込んでしまい

なかなか帰ってこないなんてことがありました。

しかし、一番大変だったのは公園に逃げ込むことではなく、

家の駐車場に置いてある自家用車へ逃げ込んでしまうことでした。

子猫を飼ったことのある方ならご存知かもしれませんが、

自動車は下から中(エンジンルーム)に入れる空洞があり、

子猫のような小さな生き物はそこに入れてしまうのです。

冬、温まった車のエンジンルームは

猫にとって暖をとる場所には最適です。

しかし、私たちが車を使用する際は、

流石に外に出てもらわないと困ります。

エンジンをかければびっくりして外へは出てくれるのですが、

その出る姿を自分の目で確認できないと、

「中にまだいるのでは?」

とビクビクさせられていました。

また、

追い出したはずなのに、またエンジンルームに戻ってきたりと

私と子猫の「いたちごっこ」はしばらく続きました。

今は大人になり、車に入ることは無くなりましたが、

今となっては良い思い出です。よく読まれてるサイト>>>>>トイプードル ドッグフード ランキング

炊飯器のボタンを押し間違えた話

私、独身ですがたまに自炊をすることがあります。

お米を研いで炊飯器でご飯を炊き簡単なおかずを作って添えて食べる。

毎日コンビニのお弁当だと飽きちゃうので、たまに作る手料理は下手くそながら美味しく感じちゃいます。

そんなある日、自炊をしようといつも通りお米を研いで炊飯器にセット、そして炊飯ボタンをピッ!っと押して準備は完了しました。

そしておかずも出来たので後はご飯を炊けるの暫く待っていました。

が、が。

何か違和感を感じて炊飯器を見ると、まだ炊けてないはずのご飯が、セットした予約時間よりも早く保温になっているではないですか。

そうです押したと思った炊飯ボタンは実は押してなくて、代わりに保温のボタンを押してしまっていたのです。

気づいた時には遅く、開けてみると水分がなくなって、ホカホカと見た目は美味しそうに炊けていました。

なんとかなるかなと一口食べてみたけど、なんともならない程度の不味さでとても食べる気にはなれませんでした。

解決策としてはもう一度炊飯ボタンを押して炊き直せば良いとのことでしたが、、
皆さんもご飯を炊くときはボタンの押し間違えにはご注意くださいね。